メインイメージ画像

大切なデータを扱うオフィスだから!

イメージ画像

貸事務所を選ぶ時に、かかる費用や間取り、立地条件などに注目している方はたくさんいることと思いますが、忘れてはいけないのがそのオフィスの構造です。大切なデータなどを扱っているオフィスでは、地震などに備えておく必要がありますよね。前回の大震災以降は、耐震や免震といった設備にとても高い関心が寄せられています。こういった点以外にも、鉄筋たRCなどの違いによって騒音の伝わり方などが違うため、静かなところで仕事したいという人や近所の迷惑にならないように防音効果の高い事務所を選びたいと考えている人はこの点にも目を留めてみてください。近頃はインターネットで貸事務所を探す方が増えているようですが、不動産サイトの中には「耐震」「RC造」などというキーワードで物件を検索することができるようになってきていますので非常に便利ですね。これらのように、貸事務所を探すためには賃料や間取りだけでなく、従業員や大切なデータを守るために細部まで考慮していく必要があるといえるかもしれませんね。

移転などの理由で現在いる事務所から退居をする場合、原状回復にかかってくる費用は誰が払わなければいけないのでしょうか?一般的な住宅であれば居住年数や部屋の状態によっては、借主は費用を負担しないこともありますよね。しかし貸事務所であれば、退居にかかる費用は借主が払わなければならないことがほとんどなのです。この場合の「原状回復」とは「入居時の状態に戻す」ということを指していますので、カーペットなどが新しい状態で入居した場合は、それらを新しくする必要があるんですね。またそういった原状回復を行う業者などは、事前に貸主が業者を決めていることも考えられますので、業者を探し始める前にちゃんと契約書を再確認してみましょう。指定業者に依頼をする場合は他の業者などよりも費用が高いこともありますので、余計な出費は避けたい方は貸事務所を契約する前に指定業者の有無を確認してみた方がいいかもしれませんね。自分で業者を探すならば、いくつかの業者に見積もりの依頼をして比べることをお勧めいたします。

更新情報