メインイメージ画像

賃料の改定法を確認しておこう!

新たにオフィスを構える場合に、賃料に注目する人も多いはずです。そんな人は、契約する際には賃料改定の方法について確認しておく必要があるでしょう。一般的に賃料改正は契約更新の時に行うことが多いんですが、契約書の賃料についての項目に「甲の申し出により」などと記載がある場合は注意しましょう。これはオーナーの一方的な申し出だけで賃料を値上げすることができるとするものなので、もしも改定後の賃料に納得できなくても文句は言えません。借り手側が安心ができるのは、双方の合意がなければ値上げを実行することができない、「甲乙協議」という記載のある契約書でしょう。後々のトラブルを避けるためにも、そういった点を確認することを覚えておきましょう。実際に契約をする時には不動産屋などが間に入って、両者が満足できる契約が結べるようにしてくれますから、ささいな点でも何か疑問点があるのであれば、すぐに相談をして解決していくということが大切だといえますね。

イメージ画像

移転などによって今いる事務所から退居する場合、原状回復にかかる費用は誰が払うのでしょうか?一般的な賃貸であれば居住年数などの状況によっては、借主は費用を負担しなくてもいいことがありますよね。しかしながら貸事務所の場合は、退居時にかかる費用は借り手が払うことがほとんどなのです。そもそもこの場合の「現状回復」とは入居当時の状態に戻すということを指していますので、カーペットやクロスなどが新しい状態で入居した場合、工事を依頼し新しくする必要があるんです。またそういった原状回復の工事を行う業者についても、前もってオーナーが業者を決めていることも考えられますので、業者に依頼する前にちゃんと契約書を再確認してみましょう。指定業者に依頼する場合は他の業者よりも費用がかかることもあるので、余計な支払いは避けたいという人は契約をする前に指定業者がいるのかどうか確認してみた方がいいですね。自分で業者を探すならば、何軒かの業者に見積もりしてもらい比べることをおすすめします。

更新情報